京都で創業30年。
葬儀式典「自宅葬・一般葬・家族葬・直葬」のことは株式会社 正光社へ

お急ぎの方へ電話一本でお迎えに上がります
01205544440120-55-4444 お問合せ・
資料請求

初めての方へ

喪主の決め方

喪主の決め方

故人様と縁の深い方に

喪主は、故人様と縁の深い方からお務めいただいたほうがよろしいでしょう。たとえば、ご夫婦のどちらかが旅立たれた場合、残された配偶者、長男、次男、長女、次女といった順になります。

喪主を代行する場合も

最近では「母に負担を掛けたくない」といった理由から、喪主のお名前だけはお母様で、ご子息が代行される場合もあります。

喪主の挨拶

喪主の挨拶

抑えておきたい内容

会葬されたこと、故人様と生前にお付き合いいただきたいことへの謝辞を伝えること。故人様の生前中と変わらないお付き合いをお願いすること。形式的なお言葉ではなく、喪主様らしいお言葉を選ばれること。これらの内容を3分以内にまとめることの4つです。

喪主以外の方も挨拶します

「挨拶は喪主がするもの」と思われがちです。しかし、最近では喪主以外の方が代わって挨拶される場合もあります。

お寺・寺院手配

お寺・寺院手配

先に菩提寺の確認を

大切な方がお亡くなりになったとき、菩提寺をご確認ください。菩提寺が分からない場合はご親族にご確認ください。菩提寺がない方には、私たちがご寺院様をご紹介いたします。宗派が分からない方は、菩提寺や親族にご確認いただいたほうがよろしいでしょう。

お布施について

お布施には戒名料と通夜・告別式の読経への謝礼が含まれています。私たちは、お布施の金額を明確に定め、公表しています。

香典

香典

香典の収支について

年齢や故人様との関係にもよりますが、ご親族の場合は1万円から10万円、会社関係の方の場合は3,000円から1万円、友人・知人の場合は5,000円〜1万円が目安となっています。ご葬儀プランを選ぶ上で、香典のおおよその合計金額でどの程度まかなえるかが指標のひとつとなります。

香典・供花を辞退する場合

「会葬者の方の経済的な負担を減らしたい」「親族や親しい友人で見送りたい」といった理由で、香典や供花を事態されるご家族もいらっしゃいます。その場合は、事前にFAXなどでご案内しておきましょう。


ご逝去・ご搬送でお急ぎの方、まずはお電話ください。
病院など日本全国どこでもお迎えに上がります。
24時間
365日対応
0120-55-4444